お金の基礎知識!稼ぐ、貯める、増やす。そして楽しむ♪

節約術、株式投資、FX、保険、税金、年金、お金に関するありとあらゆる知識を勉強して、自由に遊んで暮らすのが目標なのであります!! アクセスアップサービスのランキングはこちら

 バブルの陰にはいつも優れたアイデアが存在する。ビットコインは一見すると優れたアイデアのように見える。国境がなく、政府には管理できず、インターネット上で秘密の取引ができるデジタル通貨であれば、確かにそう言える。だがビットコイン自体はそれほど優れているようには思えない。

 では、1ビットコインの価値はどれぐらいだろう。50万ドル、5000ドル、500ドル、それともゼロだろうか。筆者としてはゼロと言いたいところだ。ドルに代わる国際的なデジタル通貨として受け入れられるかどうかでビットコインの価値が決まるのなら、ますますゼロ説に傾いてしまう。構造的な問題というごく単純な理由によって、ビットコインがドルに置き換わることはあり得ない。ビットコインは取引処理能力がどうしようもなく低いくせに電力消費量は途方もなく大きいため、一般的な通貨の代用として全く適さない。

 ビットコインの機能が現状より優れているとしても、「悪貨は良貨を駆逐する」というグレシャムの法則によって板挟み状態に置かれるだろう。インフレ圧力にさらされている政府発行通貨と、価値の下がらないビットコインがあり、そのどちらを使うか選べるとすれば、誰もが悪貨である前者を使い、ビットコインをため込むはずだ。2010年に2枚のピザを買うのに1万ビットコインも払った人がいたが、誰もその二の舞にはなりたくないだろう。当時は1ビットコイン当たりの価値が1セントにも満たなかったが、今なら4000万ドルに相当する。それでも利用者がいなければ、ビットコインは通貨としての地位を絶対に確立できない。

 あまり積極的なものとは言えないが、ビットコインの価値を正当化できる理由が2つある。1つは、違法薬物の取引や資本規制の回避に非常に便利という「限定的な通貨」としての機能で、もう1つは、政府発行通貨の実質価値が目減りした場合でも価値を維持する保険、すなわち「デジタル・ゴールド」としての機能だ。

 ここで、ビットコインが違法取引に支えられているとの見方について詳しく調べてみよう。ロンドンに拠点を置くフロントライン・アナリスツの銀行アナリスト、ダン・デービス氏は、ビットコインはその発行上限(2100万枚)のおかげで一定の価値を持っているとの考えに至った。

 通貨の場合、供給量に流通速度を乗じたものは、価格に取引数を乗じたものと等しい。ビットコインの場合、これら4つの変数のうち3つを推定できるとデービス氏は言う。同氏によれば、犯罪者といえども取引はビットコイン建てでなくドル建てで価格を決め、(代金を受け取ると)直ちにドルをビットコインに転換する。全ての薬物取引がインターネット上で行われ、ビットコインの流通速度は一般的な通貨と同じで、違法薬物取引の年間市場規模が1200億ドルと仮定する。先ほどの式に当てはめると、1ビットコイン当たりの最終的な価値は571ドルとなる。薬物取引の規模が増え、ビットコインが使われずにため込む動きが拡大すればそれだけ、価値が高まるのだ。

 薬物ディーラーは「決済完了までの時間が不透明」だとか「取引コストが高い」といったビットコインの限界を我慢して受け入れる可能性がある。現金のマネーロンダリング(資金洗浄)の方がよっぽどコストが大きいからだ。

 だが、国連薬物犯罪事務所(UNODC)が引用した研究によると、暗号通貨ベースのオンライン薬物取引は依然として規模が小さめで小口取引が中心のようだ。つまり、デービス氏の控えめな仮定よりも取引の数と規模は小さく、ビットコイン価格は(571ドルよりも)ずっと安い水準が妥当ということになる。

 それに基づけば、3950ドルという最近の価格は投機による押し上げが大部分を占めるということになる。また、17世紀にオランダで発生したチューリップバブルのようだという、JPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモン最高経営責任者(CEO)の例えは的を射ているとも言える。デービス氏は「投機資金が至る所で(ビットコインを)押し上げている」と話す。

 ビットコイン信奉者に対する訴求力がより高いのは、デジタル・ゴールドとしての機能かもしれない。こうした向きは通貨を違法な活動と切り離したいと考えるはずだ。

 金は住宅ローンの支払いや食料の購入には向かないが、保険としての機能は優れている。ある国の通貨が無価値になっても金の価値はほぼ変わらないと信じられているためだ。

 ハイパーインフレで通貨が無価値になっても、金は食料や住居との物々交換がまだできたという例は過去にいくらでもある。

 金は価値のあるものだと(ほぼ)全ての人が認めている。たったそれだけの理由で、電子機器や宝石としての用途だけでは説明しきれないほど高い価値が金に付いているのだ。ビットコインがその地位を確立するには、こうした「ネットワーク効果」が必要となる。注目を集めればそれだけ地位を確立できる可能性も高まる。もっとも、金には数千年という歴史があり、長年にわたり通貨の価値を裏付ける担保になってきた。

 技術的破壊によって社会の常識の多くはひっくり返るかもしれないが、安全な資産として社会全体に認知されるには、IT(情報技術)信奉者や一攫千金を狙う投機筋以外からも支持を取り付ける必要がある。

 ビットコインが金に置き換わる存在になるかを判断する上で、幾つかのデータを見てみたい。トムソン・ロイターGFMSの推計によると、ETF(上場投資信託)の裏付け資産となっている金は2155トンに達する。これが全てビットコインに置き換わった場合、現在流通しているビットコイン1700万枚の価格は1ビットコイン当たり5500ドル程度が妥当となる。

 もっと楽観的に考えて、ビットコインが金貨やゴールドバーに代わる存在になると予想することもできよう。過去半世紀に投資用に購入された2万4000トン(GFMS推計)がビットコインに置き換わったと考えると、1ビットコイン当たりの価格は6万1000ドルが妥当な水準となる。

 ビットコイン相場は2週間で40%下落したが、9月15日の安値からは33%反発している。ビットコインが金に完全に置き換わるか、あるいはそれに失敗して無価値になるかの二者択一しかないとすれば、これほど値動きが荒いのも道理だ。この選択肢しかない場合、金ETFに基づく価格(5500ドル程度)の70%というこの水準からは、ビットコインが「紙の金」とも言われる金ETFに取って代わる確率が70%で、「実物の金」に取って代わる確率が6%であることを示していると、ごく大ざっぱに言うことができる。

 この確率はデジタル信奉者ですら高すぎると思うはずだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クリックお願いします(´・ω・`)

世界最大級のヘッジファンドの創業者レイ・ダリオ(Ray Dalio)氏は、JPモルガン・チェースのCEOジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)氏や、他のウォール街の大物と同様に今話題の仮想通貨ビットコインはバブルと述べた。

9月19日(現地時間)、CNBCの経済ニュース番組「スクワークボックス(Squawk Box)」で、ビリオネアで、ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者であるダリオ氏は「ビットコインは非常に投機的だ」述べた。

「ビットコインはバブル」と同氏は続けた。

ダリオ氏によると、バブル状態にあるのはビットコインだけではなく、仮想通貨全体が「極めて投機的で、人々は『より高い値段で売れるだろうか?』と考えている。つまり、バブルだ」。

ダリオ氏は特にビットコインの問題点を2つあげた。1つは、資産を蓄える方法として適していないこと、もう1つは取り引きが難しいこと。この2点は、通貨にとって不可欠な要素だと同氏は述べた。

「ビットコインはまだ、さまざまな取り引きには使えない。簡単には使えない」

ビットコインは、大勢の利用者が集中し、スケーリング問題の対応に追われている。取り引きにかかる時間やコストが増大し、8月には分裂とソフトウェアのバージョンアップを余儀なくされた。

Blockchain.infoによると、ユーザー数は増加し続けているにもかかわらず、2016年1月以降、ビットコインの1日あたりの取引数は20万件〜30万件でほぼ横ばい状態にある。

1日あたりの取引数
© Blockchain.info 1日あたりの取引数

またダリオ氏は、仮想通貨は価格変動が非常に大きいため、資産を蓄える手段として適切ではないと考えている。この数週間も、中国当局による規制のニュースを受け、ビットコインの価格は激しく変動した。9月14日には16%下落し、翌日にはほぼ前日の価格に戻している。

ダリオ氏の発言は、ダイモン氏ほど辛辣ではない。ダイモン氏は9月12日に行われたカンファレンスで、ビットコインは「詐欺だ」と述べた。さらに、ビットコインは「チューリップバブルよりも悪い」と加えた。17世紀のヨーロッパでチューリップの球根のバブルが起きた。最初のバブルと考えられている。

ノーベル賞を受賞した経済学者であり、住宅バブルとITバブルを予測したロバート・シラー(Robert Shiller)氏は、ビットコインはバブルであるという見解を最近さらに強めており、「今まさに最高の事例」とQuartzに語っている。

だが、仮想通貨は回復力を見せつけている。ネガティブなニュースや世界規模で強まる規制にもかかわらず、6月中旬以降、価格は50%上昇した。

© MI

[原文:The founder of the world's largest hedge fund says 'bitcoin is a bubble']

(翻訳:まいるす・ゑびす)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クリックお願いします(´・ω・`)

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。2009年にはビットコインが初めての分散化された暗号通貨として登場した。それ以来、数多の暗号通貨が作られてきた。それらの呼称には bitcoin alternative(ビットコインの代替)から来る造語altcoins(オルトコイン)がよく用いられる。

暗号通貨の統制は分散化されていて、集中化されている電子マネーや集中化されている銀行システムとは対照的である。この分散化された統制はビットコインの分散型台帳ブロックチェーンという取引データベースの使用に関係している。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クリックお願いします(´・ω・`)

 「今や投資の世界は、機関投資家の間で繰り広げられるAI(人工知能)ロボットコンテストだ」。そう証券関係者は口をそろえる。

この記事の写真を見る

 たとえば、株式市場を飛び交うのは高度な駆け引きだ。大量の買い注文を即座にキャンセルし、ほかの取引を誘発しようとする「見せ玉」(禁止行為)まで用いるなど、AIは現在、相場を大きく動かしているといわれている。

 近年の急速な進歩により、投資におけるAIの存在感は一段と高まりそうだ。各社ともAI技術を活用した商品を次々と投入している。

■実際にAIが運用する商品が登場! 

 2016年12月、三菱UFJ国際投信は、機関投資家向けにAIが銘柄を選択する投資信託の運用を始めた。この投信は三菱UFJ信託銀行が実験してきたAIモデルを利用したものだ。

 機械受注や有効求人倍率といった経済指標、移動平均や売買高など、市場に影響を与えるデータを分析し翌日のTOPIX(東証株価指数)の騰落を予測。上昇しそうな場合は株式に資金を振り当てる。

 また、ニュースや有価証券報告書、ネットの書き込みなど、大量のデータから特定の銘柄のポジティブ度とネガティブ度を点数化し、ポジティブ度の点数が高い銘柄の購入を進める、というものだ。

 そのほか、みずほ証券なども機関投資家向けに、AIを用いた株式売買システムの開発に取り組んでいるという。
ネット企業のヤフーもグループで参入

 AIは個人投資家向けにも使われる。代表的なサービスが、AIが資産運用のポートフォリオを策定するロボアドバイザーだ。楽天証券は16年7月、投資一任型運用サービス「楽ラップ」を発売した。

 「野菜を買うとき、どのように選ぶか」「臨時収入100万円が入ったらどう使うか」などの質問に答えると最適なポートフォリオが提案される。診断自体は無料だ。

■ネット企業のヤフーもグループで参入

 マネックス証券の「MSVLIFE」は「世界一周旅行」や「マイホーム」など資産計画の目標をまず設定する。そのうえで目標金額や期間、リスク許容度などを入力すれば、自動で資産運用計画が策定される。最低投資予算は1万円と、業界最低水準だ。

 ヤフーは2016年11月、グループの投資信託委託会社、AIを開発する投資顧問会社とともに、AIが運用する投信の販売を開始した。ヤフーの天気予報やニュース、検索ワードなどのデータが分析に用いられている。

 各社に共通するのは、コストの低さだ。信託報酬や手数料を低く抑え、最低投資金額も低い。参入障壁を低く設定し、多くの個人投資家を呼び込む構えだ。

貯蓄から投資への流れは加速する?

 米国ではAIによる投資が急速に広がる可能性がある。大手コンサル会社の米A.T.カーニーによる調査では、ロボアドバイザーが運用する資産額は20年には220兆円に達するとされている。

 NTTデータ経営研究所の加藤洋輝シニアマネージャーは「米国では低い所得層の人々もサービスを享受できるようになり、投資に向かう人が増えた。ただ、日本は金融教育が足りていないことから、投資に消極的な人が多い」と指摘する。

 長年、「貯蓄から投資へ」と叫ばれてきたが、AIはその一助になれるのだろうか。

東出 拓己

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クリックお願いします(´・ω・`)

たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。 人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ。.ニッコロ・マキャヴェッリ (マキャベリ)

【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クリックお願いします(´・ω・`)

↑このページのトップヘ